自転車安全整備制度
自転車安全整備制度
 自転車のTSマーク制度とは
 「TSマーク」は、「自転車安全整備店」に勤務する自転車安全整備士が点検・整備した安全な「普通自転車」に貼るシールのことです。
万が一事故が起きた場合、TSマークが貼ってあれば、賠償責任保険・傷害保険が付いているので安心です。(点検・整備をしてから1年間の保証期間になります。)
  きちんと点検・整備した安全な自転車で交通ルールやマナーを守り、安全運転を心がけましょう。
 TSマーク(賠償責任保険・傷害保険付)
 「TSマーク」のTSとは、Traffic(交通)Safety(安全)の頭文字で、「交通安全」という意味です。
 「TSマーク付帯保険」は、その自転車に乗車している家族や自転車を借りた友人、自転車を譲り受けた人等も対象となります。
 自転車安全整備店

点検・整備は

このマークの

自転車店で!
 TSマークの種類と付帯保険の補償内容



|



青色TSマーク 赤色TSマーク




入院加療15日以上の傷害
(一律)1万円 
死亡・重度後遺障害(1〜4級)
(一律)30万円 
入院加療15日以上の傷害
(一律)10万円 
死亡・重度後遺障害(1〜4級)
(一律)100万円 






死亡・重度後遺障害(1〜7級)
(限度額)1,000万円 
死亡・重度後遺障害(1〜7級)
(限度額)5,000万円 
見被
舞害
金者
入院加療15日以上の傷害
(一律)10万円 

栃木県交通安全協会